長岡京の整体・整骨院なら長岡天神駅徒歩3分の長岡京中央整体院。パーソナルトレーニングで健康的にダイエット・疲労改善。

当院のご予約・お問い合わせはこちら

075-953-4080

(お電話受付時間:AM9:00~PM9:00)

お問合せフォーム

よくあるご質問

〒617-0824 京都府長岡京市天神1丁目1-37-1F [MAP]
「長岡天神」駅より徒歩3分

[診療時間]
AM9:00PM~9:00
(受付PM7:30)
[休診日]
毎週木曜日

院長のお役立ちコラム

靴のかかとの減り方

2016年08月29日

靴の外側が減る方

「O脚」の傾向があります。足の外側に重心がかかり、足全体の内側の筋力が低下しているかもしれません。

逆に外側の筋肉が張り、がっちりした足になってしまいます。

 

靴の内側が減る方

「X脚」の傾向があります。膝が曲がっていたり、タコや魚の目ができたり、腰痛の原因になったりします。

 

片方だけ極端に減る方

両足の靴底がバランスよく減っていれば比較的体の歪みは少ないと思いますが、

どちらか片方が極端に減っているという方は要注意です!

骨盤の歪みが大きく関わっているかもしれません。

 

靴のかかとの外側が減る方

最も注意しなくてはいけません。「O脚」の傾向があり、腹筋と背筋が衰えており猫背になりがちです。

足全体の内側の筋力低下に姿勢の悪さが影響している事が多いです。

足を組んだり、あぐらをかいて長時間座ると骨盤が歪み、冷え性や、膝痛・腰痛の原因にもなります。

 

姿勢矯正や骨盤矯正などで体のバランスを整える事が重要になってきますが、

自分自身で正しい姿勢や正しい歩き方、座り方を意識することも改善への近道です

 

また、当院では足関節に歪みがある場合はキネシオテープで固定し、

足関節の歪みの改善も行っています

 

yjimage (18)

 

 

 

PAGE TOP