長岡京の整体・整骨院なら長岡天神駅徒歩3分の長岡京中央整体院。パーソナルトレーニングで健康的にダイエット・疲労改善。

当院のご予約・お問い合わせはこちら

075-953-4080

(お電話受付時間:AM9:00~PM9:00)

お問合せフォーム

よくあるご質問

〒617-0824 京都府長岡京市天神1丁目1-37-1F [MAP]
「長岡天神」駅より徒歩3分

[診療時間]
AM9:00PM~9:00
(受付PM7:30)
[休診日]
毎週木曜日

院長のお役立ちコラム

こむら返り こぶら返り

2018年12月23日

これからの時期に高齢者の方が夜中や明け方に起こりやすいのがこむら返りです。

こむら返りは、ふくらはぎの筋肉が急に収縮してけいれんすることをさします。寝がえりを打つときなどに発生しやすいのはそのためです。

原因は、冷えやミネラル不足、筋肉の疲労、運動不足などがあげられます。

こむら返りになったときの対処法

 

こむら返りで足が突然痛くなったら、足を伸ばし、かかとを前方に出すようにしてつま先をすねのほうに向け、しばらくキープします。個人差があるので1~2分でおさまる方もおられれば、10分以上回復しない方もおられます。

こむら返りを防ぐためのいろいろな方法

 

身体が冷えると筋肉が収縮して血のめぐりが悪くなり、足がつる原因になります。下半身の防寒を心がけてください。使い捨てカイロを使うのも有効ですし、お風呂でじっくり温める事も有効です。

カルシウムには筋肉の興奮性を抑える働きがありますし、マグネシウムは筋肉の収縮や神経の伝達に役立っており、不足すると筋肉のけいれんを引き起こす場合があります。牛乳、小魚、豆類、海藻類などが不足していると感じる人は、積極的に食べるようにしましょう。

水分不足になると血液が濃くなって血のめぐりが悪くなることで、こむら返りが起こりやすくなってしまします。こまめに水分補給をすることを心がけましょう。

PAGE TOP